3Dソフトは自分で調べて試す

LightwaveやMayaも、価格的に安いShadeであっても、機能や性能の差はあっても、やることは変わりませんので、Mayaは高いから 難しいということはありませんし、Mayaが難しいと感じるのであれば、Lightwaveでもおなじことなので、Lightwaveなどを扱いたいと考 えているひとは、初心者に親切であるとか言う考えは捨ててください。

要するに、3Dソフトは特に初心者向けというようなものは有りませんし、通用しないかと言う事なので、いま挙げたソフトのほとんどは、プロが使用す るツールでので、それで駆使して作っていけるようになるには、それなりの努力が必要になりますし、建築パースや映像の編集だけではなく、どんなことでも人 に聞くだけではなく、自分で調べて試していく姿勢と根性が絶対的に必要になります。

また、映像に向いているソフトは何かと言われても、何とも答えられませんし、そもそも映像というだけでは何を作るか分かりませんし、有名どころのソフトは映像にもよく使用されていますので、自分が何をしたいかという核となる目標を持つべきです。

利用率の多さから言うと、Maya、Lightwave 、3ds Max、Softimageが代表となり、国内で販売されている有名なソフトの中では、上記の4つは汎用性が高く、各分野に柔軟に対応可能な機能を持っています。