プレゼンのコツ

どんなに大きな案件でも決して大手がすべて取れるといったわけではありません。

特に建築パース業界では、多数の実績やデザインセンスが問われるので、プレゼン次第で中小企業でも十分に取引できるようになりますね。

プレゼンのコツとしてはは他より魅了する建築パースで迫力のある絵を作り説得する事ではないでしょうか?どうしても金額やお付き合いなどで決めがちですが、やはりいいものは売れますし、値段が高くてもきちんと提案してもらったほうがうれしいですよね。

そういったプレゼンチャンスがある場合には、ぜひ建築パースを利用して価値のあるプレゼンを提供してみてはいかがでしょうか?100聞は一見にしか ずといいますように、文章ではなく建築パースで口説く、その気にさせるのが上手なプレゼンテーションテクニックの見せ方だと 思います。

操作性は慣れで解消できる

Shadeの購入を考えている人は、Basicくらいにしておく方が良く、あくまでもホビーユースのソフトであり、それ以上はLightwaveと価格が似ているため、多少無理してもLightwaveを選んだほうが安全だといえます。

CINEMA4DのデフォルトはLightwaveと同じくらいの価格で安いですが、あくまで基本的な機能だけでして、必要に応じて追加していく方 法をとうるので、価格は抑えることが出来るかもしれませんが、モジュールを全て追加した場合の総額は、3ds MaxやMayaを超える金額になっていることでしょう。

総額的な面で考えると、ハイエンド3Dソフトに匹敵する性能をそれぞれのモジュールが持っているというと言えるのですが、初心者に親切な操作性というのはどの3Dソフトにも当てはまることはなく、やはり一定の知識と勉強は必要になってきます。

特に操作性が優れているソフトはMayaになりますし、ややこしい設定をせずにスピーディーに作成していくとなると3ds Maxが望ましいですし、好ましいです。

また、初心者に向けた解説書なども、3ds MaxやMayaの方が充実していると思いますが、操作性などの問題は慣れで解消できるものですからもありますから、使用したいと思ったソフトの体験版を触ってもらうしかないと思います。

株式会社シェルパ PCサイト

無料のソフトから始める

建築パース関連ではなく、キャラクター重視のアニメー ションなどであれば、Lightwaveを使用するよりは3ds MaxやSoftimageという、キャラクターアニメーションにより強いソフトを選ぶべきでして、Lightwaveはキャラクターアニメーションを作 成するのに向いていないとされおり、弱点の1つでもありますので、必要あるかの有無というのは、作成するものをもっと明確にしていくべきですよね。

作成するものによっては、フリーソフトのBlenderや、安価なShadeで済ませられるかもしれませんし、他流体系のようなエフェクト機能が欲しい場合、Fluid Effectsを統合しているMayaが強いのではないかと思います。

Mayaは当然のことながら、Lightwaveでも無関係の人からしてみれば、日上に高価なものなので、教えてもらう環境がある場合は別として、何の知識もない状態から購入することは、お勧めすることはできません。

また、Softimage Mod ToolやBlenderのような無料のソフトから始めて、十分に理解してから購入するのが得策だと思いますし、1つのソフトを理解していれば、どのソフ トの機能が必要としているのかも判断できるようになりますし、解説書も出ていますので試しやすいと思いますよ。

建築業界について